パスポートについて

海外旅行と言えば、必要なものはなんでしょうか?
お金?語学?文化の知識?

色々なものがあると思いますが、絶対に必要なものと言えば、なんと言っても「パスポート」。
今回は、パスポートを手にいれる方法をご紹介します。

パスポートを手にいれる方法

パスポートは、手に入れるまでに結構時間がかかるものです。
ギリギリに手続きするのではなく、余裕を持って、旅行に行くかなり前から用意しておくのがベストでしょう。

意外と知られていないかもしれませんが、パスポートには「10年用」「5年用」の2つが存在します。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずは10年用。
受給資格は20歳以上からとなります。
つまり、未成年は受給できないと言うわけですね。

何故かと言うと、未成年者は成長期により容貌の変化が激しいので、写真での本人確認が難しいためなのです。
発行手数料は、15000円となっています。

次に5年用ですが、こちらは年齢制限はないので、未成年者でも取得する事が可能です。
発行手数料は、10000円です(12歳未満5000円) 。

さて、いよいよパスポートを申し込みに行くわけですが、強力な身分証明書だけあって、かなりの書類が必要となります。
免許書一つで簡単に取得できる…、と言うわけにはいきません。

・一般旅券発給申請書
・住民票の写し
・戸籍謄(抄)本
・写真
・未使用の官製はがき
・身分証明書

といったものが必要になります。

住民票などは、役所に行かないと手に入らないので、早めに手に入れておきたいところです。
詳しいことは、外務省に問い合わせてみるといいでしょう。

このページのトップへ