航空券の知識

海外旅行には当然ながら飛行機に乗る必要があります。
飛行機に乗るには航空券を買わなければなりませんが、高価なだけでなく、種類が沢山あって、初心者が混乱する事が多いようです。
電車の切符なんかは単純なんですが…。
今回は、航空券の知識についてご紹介します。

航空券の種類

まず、航空券には大きく分けて三種類あります。

・ファーストクラス
・中間クラス
・エコノミークラス

航空会社によって違いがあり、二種類しかない場合もあったりしますが、基本的にはこの三種類です。
ファーストクラスが一番高く、エコノミークラスが一番安いと言う特徴があります。
中間クラスが、文字通り中間です。

どれを選ぶかと言えば、よほどのお金持ちでなければエコノミークラスで決まりでしょう。
一番安いとは言え、旅行する分には全く問題ないサービスが受けられます。

さて、そのエコノミークラスでも、実は数種類に分かれています。

・ノーマル
・ゾーンPEX
・A-PEX
・格安航空券
の四種類です。

ノーマルが一番高く、ゾーンPEX、A-PEX、格安航空券の順に値段が落ちていきます。
つまり「格安航空券」が一番安いと言うわけです。
「じゃあ、海外に行くときは、格安航空券を使っていればいいんだな」と思われるかもしれませんが、そういうわけにはいかない理由があります。

実は、格安航空券というものは航空会社が、旅行会社のツアー向けに作られた「セット売り」目的の航空券なのです。
これを買うには、航空会社から買うのではなく、旅行会社から買う必要があります。
しかし、いつでも売っているというわけではありません。
詳しくは、旅行会社に問い合わせてみてください。

このページのトップへ